ありのままに生きる

社会不適合なぼっちおやじが、自転車、ジョギング等々に現実逃避する日々を綴っています。

小川〜鬼無里〜戸隠〜黒姫〜妙高〜斑尾〜北志賀(180km)

lupoGTI2015-03-21









 朝は0℃近くまで冷えたけれど良い天気になるようなので、ロードで北信方面の山岳へ走りに行った。


 あさ7時半にGIOS号家を出た。晴れそうなので一眼を背負ってきたものの、走り始めは霧で景色は見えず...。

 小田切から七二会、中条を走って小川まで来て、ようやく北アを拝むことができた。


 小川の大洞高原まで登り、下りの途中で戸隠を眺めて鬼無里に着いた。


 鬼無里から大望峠へ登る。いつものことながら、峠直前の勾配がエグかった。

大望峠からの眺め




 大望峠で戸隠と北アを眺めてから奥社駐車場へ向かった。鏡池から行こうと思ったけれど、さすがにまだ道が雪に埋もれているようだ(入口は雪が無かったので少し入って行ったら、反対側から来たトラックの運ちゃんに「奥へは行けないっスよ」と言われて引き返した...)。


 奥社駐車場に着いて、信濃町へ下りた。場所によっては雪の壁が結構高かった。奥社駐車場は完全に雪に埋もれていた。



 信濃町まで下りてきて、黒姫と妙高の山裾を走って関山へ向かう。





 関山には12時半ごろ着いた。ダルイし腹が減ってきたので、セブンでパスタと菓子パンを食べて、97号で万坂峠へ向かった。

 登り始めは勾配が緩いけれど、中盤以降きつくなってきて、結構脚にきた。





 斑尾の県境に着いて、ここまでの走行距離は120km弱で、獲得標高は3,300mほど。もう走りたくない...。


 飯山へ下り、新しくなった中央橋を渡り、北志賀の夜間瀬へ向かう。


 斑尾へ登った時点でかなりダルダルだったけれど、北風が背中を押してくれて、ペダルが1割くらい軽い感じだったのでなんとか走れた。

 夜間瀬から山ノ内へ下り、中野から立ヶ花橋へ向かい、豊野から長野市内を抜けて家へ戻った。良い天気で景色もまずまずで満足したけれど、シーズン始まったばかりの時期に180kmの4,000m弱の獲得はキツかった...。


(走行時間: 8:50, 走行距離:181km, 平均速度:20.5km/h,
最高速度:68km/h, 平均ケイデンス:58, 平均心拍:138, 消費カロリー:4000kcal,
獲得標高:3700m, 15年1月からの累積距離:1793km )


↓実走コース


↓距離・標高データ


ルートラボへ実走GPSデータ転送


2015年1月からの累積距離(km)
15年1月からの自転車累積走行距離 km